ゼロファクター 青髭 対策 使い方

青髭対策ジェルの使い方。これなら続くし効果も期待

ゼロファクターは20年の実績で有名な

 

青髭対策ジェルです。

 

 

 

泥棒ヒゲとか言われたこともある私ですが、

 

ケアしなくちゃと決意したのは

 

知り合いに「清潔感ないように見えるよ」って

 

言われたことです。

 

それはさすがにちゃんとしないとと思ったんですよね。

 

そこで私がヒゲのケアしようと思ったときに

 

決めてたことがあります。

 

 

 

使い方がめんどくさいものは避けたい、

 

ということ。

 

 

 

ヒゲって朝剃るので、大体時間があんまりないんですよ。

 

そこで丁寧に時間かけたケアとか

 

およそ現実味がないわけです。

 

そんなものにお金かけてもどうせやらなくなる。

 

だから「簡単に使える」というのが大事でした。

 

もちろん成分とかも大事ですけどね。

 

 

 

ではゼロファクターはどうなのか?

 

 

■気になるその使い方はコレ

 

その使い方を順番に見ていきましょう。

 

@最初はいつも通りです。

 

T字カミソリでも電気シェーバーでもどちらでもいいので

 

今まで通りの髭剃りをします。

 

 

 

Aここでゼロファクター5αSPローションが登場します。

 

手に取り、気になっているひげの部分に

 

よーく塗っていきます。

 

 

 

Bさらに、ゼロファクター5αSPローションを塗ります。

 

これは日に数回程度、好きなときにこれも満遍なく塗ります。

 

 

 

「ひげ剃って、塗る。」

 

一言でいえばこういうことですね。

 

 

 

Bではさらに塗る感じですが、

 

これは時間のある時にやっていくのが現実的だと思います。

 

帰宅後とかに忘れずにやっていくのがいいでしょう。

 

 

 

慣れれば朝でもさらっとやっておくと違いますけどね。

 

塗り終わった後のツルツル感が

 

けっこう癖になります。

 

なんというか、女性が朝お化粧して気合が入るのが

 

ちょっと分かった気持ちです。

 

 

 

ゼロファクターを使っていくと

 

再生する髭がだんだん薄く目立たなくするように導くのが

 

これまた嬉しいポイントです。

 

そのためもあって毎日続けることに意味があります。

 

 

このジェルが20年の歴史があって

 

180万個売れたというのは

 

この使いやすさがきっと関係あると思います。

 

 

使いやすいから続けられる。

 

続けられるから効果が出る。

 

これはきっと関係あるんじゃないでしょうか。

 

 

 

あとは、意識して

 

髭剃りをする前には

 

しっかり洗顔をして毛穴をキレイにしておくのがコツ。

 

毛穴をきれいにしておくことで、

 

それだけケア成分の浸透がしやすくなります。

 

早く効果が出て欲しいなあと思うときこそ

 

丁寧に洗顔をして、青髭が薄くなるのを促したいですね。

 

 

自宅で自分でヒゲ対策!【ゼロファクター】980円キャンペーンの詳細はコチラです